引越し祝い

 いつもは引越しした立場からの記事ですが、今回は引越しした人へのお祝いについて調べてみました。

表書き
 引越しのお祝いといえば、「引越し祝い」としたいところですが、新築の一戸建て・マンションを購入した相手に贈るときには「新築祝い」になるそうです。中古住宅の場合は「引越し祝い」になります。

相場
 次に、プレゼントの相場について。友人や上司には5,000円~1万円、親戚や職場の部下には1万円~3万円程度のプレゼントが多いようです。

タブー
 ここで注意しなければならないのは、引越し祝いに向かない、タブーなものがあることです。まず、火事を連想させる火を使うものや赤い品物。ライター、灰皿、コンロはやめておいた方が無難です。次は、敷物やスリッパなど踏みつけて使うもの。「あなたを踏み台にします」という意味になるそうで、これは知りませんでした。そして、壁や柱に穴をあけないと使えない額縁、掛け時計も新居を傷つけてしまうので避けた方がいいでしょう。

プレゼントの種類
 プレゼントには、家電、食器、グルメなどが多いようです。家族構成を考慮して選ぶのがいいと感じました。グルメを例にとれば、小さいお子さんがいる家庭ならばお菓子、育ち盛りのお子さんがいるならば、肉やカニと、いったイメージでしょうか。

熨斗(のし)
 プレゼントが決まったら、熨斗(のし)をかけます。水引きは、何度でも結びなおせる「蝶結び」。これは、新築や引越しが何度繰り返してもめでたいお祝い事だからだそうです。

贈るタイミング
 プレゼントのタイミングは、引越してから1~2か月以内がいいようです。引越し前に贈るのは余計な荷物を増やすことになるし、時間が空くとお祝い気分が薄れますからね。


 プレゼントは喜んでもらえるものでないと意味がありませんが、的外れなものを送ることは避けたいものです。そういう意味では、相場やタブーなものについては参考になりました。これを踏まえて、相手方に希望を聞くと、事がスムーズに進むとおもいました。