引越し ダンボール 服

 引越しでの洋服の荷造りのポイントについて整理してみました。

 洋服の収納状態別に、ハンガーにかけている服と畳んで引き出しにしまっている服の2種類に分けました。

ハンガーにかけている服
 ハンガーにかけている服のうち、スーツやコートのように引っ越し後にすぐ使う可能性があるものはハンガーにかけたままダンボールに詰めると後が楽です。このときは2つ折りで詰めます。

 お気に入りなのでしわをつけたくないというときにはハンガーボックスが便利です。用意している引越し業者さんもあるので、見積もり打ち合わせの時に相談してみるのが得策です。HPで確認したところ、サカイ、アート、日通では対応してくれるようです。

 業者さんが用意していない場合でも通販で入手可能です。




 ハンガーボックス使用時の注意点としては、スペースを取るのでトラックのサイズに影響する可能性があることと、コートのような丈の長い服は裾が底についてしまうことです。なので、ケースバイケースで利用するのが賢い使い方だとおもいます。

畳んでいる服
 整理タンスの服はそのままダンボールに移し替えればOKです。夏用と冬用に分けて詰めれば後が楽です。衣装ケースの場合、中身が入ったまま運んでくれるとかなり手間が省けるので、可能かどうか引越し業者に確認するといいでしょう。

 衣装ケースで運ぶときの注意点としては、服がクッションになるからといって割れ物を入れないこと、キャスターが付いているタイプはキャスターを外しておくこと、フタをガムテープで固定しておくこと、です。

断捨離で処分
 この際だから断捨離するチャンスかもしれません。量が減れば引っ越し料金も減らせるし、引越し業者に不用品処分のオプションサービスがないか、近くにリサイクルショップがないか、確認しておくといいとおもいます。オークションサイトは、時間を要することがあるので早めに判断することが肝要です。
 自分で処分する場合は、資源回収ボックスに持っていくようにします。自治体のHPで確認しましょう。


 服の引越しについては、引越し業者でも色々便利なサービスを用意しているので、まず相談してみるのがいいと感じました。