引越し見積もり 訪問

 引越しの見積もりを取りたい場合、「訪問見積もり」という言葉を聞きます。引越し業者に見積もりをお願いするとき、電話やメールだけで済ませるのではなく、引越し業者が実際に自宅を訪問して見積もりを行うことを指すのですが、そのメリット、デメリットを整理してみました。

 引越し業者が訪問見積もりを行う目的は、荷物の量や家具の種類や大きさを正確に確認するとともに、引越しの日程確認と調整、どの大きさのトラックまで乗り入れられるかといった現地確認、といった複数の意味合いがあるとおもいます。

 このことから、引越しを依頼する側には、誤差の少ない見積もり額がわかる、直に引越しの日程を調整できる、(場合によっては)値引き交渉が可能、といったメリットがあると考えられます。

 反面、荷物の量、行く先、時期が決まっていないと正確に見積もれないという側面もあるので、引越し先や引越し日が決まっていない段階での訪問見積もりは徒労に終わる可能性があります。


 次に、訪問見積もりを行わない場合のメリットは、電話やメールで済ますことができるので時間がかからない、面と向かうと断りにくいが意に沿わない見積もりのときに断りやすい、といったところでしょうか。

 ただ、電話やメールで見積もりを依頼する際には、すべての荷物・家具をリストアップしておく必要があります。でないと、電話やメールが数回に及んだりして、結局手間がかかった、といったことになりかねません。


 以上から分かるのは、

 ・誤差の出にくい、少ない荷物や単身の引越しは訪問見積もりでなくてもいい。
 ・荷物が多く、料金もかさみがちな家族引越しは訪問見積もりに向いている。

ということです。家族引越しでは、訪問見積もりを取り入れた方が無難ですが、何社も訪問されては疲れてしまうので、一括見積もりサービスである程度絞り込んでから行うのがいいとおもいました。

 一括見積を行うと、引越し業者さんから電話がかかってくるのが通例ですが、「SUUMO引越し見積もり」は、メールでのやりとりが可能なので、業者選定の段階での気苦労が少しは減りそうでおススメです。